00.フルカスタム

グリップエンド試作品 失敗でした。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テニスグリップエンドを銀で製作してみた 失敗

テニスのグリップエンド 江戸文字で息子さんの名前を刻む

 

工房【史】では日々何かユニークな商品はないかと、開発に励んでおります。。。

そんな中の一枚がこちら。テニス場に勤めるパパさんからのご相談で作ってみたシルバー製江戸文字八角テニスラケットグリップエンド『遙人』バージョンであります!

製作品のクオリティーには、たいへん満足いただいたのですが、、、、やはり重量がかなり。。。。。

実際にラケットを振ると「まったく使えない。。重心が激変しすぎ。。。」ということで、

あくまでもアクセサリー、、、になってしまいましたとさ。

テニスグリップエンドを銀で製作してみた 失敗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 鈴木賢一 より:

    依頼主です。

    何をおっしゃいますか!!

    毎日ガンガン使ってますよ。

    人間の「慣れ」はスゴイもので今では全く気になりません。

    まあ、もともとそんなに繊細なタイプではないので・・・・

    試合の時にサーブorリターン(コートのサイド)を決める際には積極的に自分のを使い
    試合相手の方に驚いてもらってます。

    息子の名前を見ながらモチベーションアップです!!

  2. admin より:

    さすがです!!恐るべき適応能力!!!

    テニスという神経戦で、出鼻をくじく効果が出ていますね!

    かなりの道程が必要だったようにも見えますが、最終的には「世界にただひとつしかない『勝てる?!』テニスラケット」が完成しましたね!!

    よかったよかった、ホッ!

コメントを残す

*